詰めて渡すだけ!『ブックサプライ』宅配買取サービスを試してみました。

※アフィリエイト広告を利用しています

捨て活

こんにちは! もとこです。

自宅にあるたくさんの本、もう読まないものも多くあるのではないでしょうか。

「これは手放さない!」と決めてる本以外は処分していきたいですね。

不要な本やCD・ゲームなどの宅配買取『ブックサプライ』を試してみました。

『ブックサプライ』で宅配買取。3つのメリット

  • HPから希望の集荷の日を選べる

『ブックサプライ』ではHPから「査定を申し込む」を選んで希望の日時を指定すれば、その日に引き取りに来てもらえます。

自宅に手頃な段ボールがあれば(3辺の長さの合計が100cm以内のもの)それに詰めて梱包すればOK。

ちなみに重さは30kgを超えると料金が掛かるので注意が必要です。

後は、集荷の日時を指定すれば引き取りに来てくれます。

宛名書きも不要です。

  • 新品の段ボールが初回無料

自分で箱を用意するとなると、少し面倒ですよね。

ちょうどいいサイズのものが家にあるとは限りませんし…

なので段ボールが用意されているのはありがたいです。

  • 配送料は無料

査定額が2000円以上の場合は配送料0円です。

2000円より査定額が少なかった場合は500円が査定額より引かれます。

ある程度の物量を送った方が、配送料が掛からない可能性が高そうですね。

もらえる段ボールのサイズは選べない

段ボールは、CDなら150枚・DVDなら100枚・単行本なら80冊入るサイズです。

このサイズしかなく「それほど量は無いんだけど」という方には緩衝材が必要になるかもしれません。

(新聞紙を丸めたら大丈夫かと思います。私も新聞紙を緩衝材代わりにしました)

配送料のこともあるので、そこそこの量の本などを買取してもらうのが良さそうです。

事前に査定額がわかる

『ブックサプライ』では事前にその本や商品の査定額を調べることができます。

バーコードを読み取るだけで査定額がわかるので、「大した値段がつかないんだったら、売りたくないなあ」と思う方は試してみるといいですね。

まとめ

手間がかからないほど、モノを手放すハードルは下がりますよね。

たくさんある本などを処分したい、と思ってる方には手間要らずの処分方法ではないでしょうか。

自分で処分するにも、紐でくくってゴミ捨て場まで運ばなければならないし、売りに行くにしても同様です。

査定額も事前にある程度把握できるし、査定額の振り込みは2営業日という迅速さです。

箱に詰めて、家の中の不要品を引き取ってもらって、お金までもらえたら嬉しいですね。

「手放そう!」と思ってすぐに、少ない労力で手放すことができそうです。

タイトルとURLをコピーしました