いつの間にか溜まるものランキングの常連。『紙袋』のお片付け。

※アフィリエイト広告を利用しています

お片付け

こんにちは!もとこです。

家中の散らかっているところを片付けている過程ですが、今日は紙袋に取り組みます。

いつの間にか溜まってる…多分全部捨てても困らないはず…だけどなぜか捨てられない。

そんな時の対処法を考えてみました。

紙袋って、いつの間にか溜まっていませんか? 

『いつの間にか溜まるものランキング』が実在すれば、かなりの上位に食い込むのではないでしょうか?

「何かの役に立つのでは?」

「いつか使う予定」

「しっかりした紙で捨てるのもったいない」

「ブランドの紙袋は売れそう」

ついついしまい込む理由は様々だと思います。

畳むと薄くなり、溜め込む場所をさほど取らないことも関係してるかもしれません。

空き箱や空き缶も同様の理由で溜め込みたくなりますが、数が増えると場所を取りますよね。

(保管している方もおられるかと思いますが…)

私の場合は、上記のような理由で置いていた訳ですがその割には保管の仕方がいい加減でした。

変な折りじわがついてたりして、売れもしなけりゃ、いつか使うこともできない感じです。

捨てられないものには理由がある

お片付けの鉄則『全部出し』を行なってみました。

住んでいる市の分別ゴミに「雑紙」があり、それを捨てるために紙袋が役立つのでとってある、という経緯もあるのですが、その割には小さ過ぎる、置いてた意味がわからないサイズのものもちらほら…

そういうものも処分することに。

問題は「捨てられないー!」と思ってしまうもの。

・ブランドの紙袋

・紙がしっかりしていてキレイ

・デザインなどが気に入っている   

そういうものは手放しづらいです。

でも気に入っているのなら、捨てることもないのかもしれません。

「これはいらない」と思えるものを処分することにして、あとはとりあえず持っておくことに。

そして、出し入れしやすいように片付けをしました。

捨てられない紙袋のつかいみち

得意技の「とりあえず置いておく」ことにした紙袋ですが、『捨てる』以外の道もあります。

1、メルカリに出してみる

ブランドの紙袋は売れることもあるようです。

ですが、売れるとも限らず、手間の割にはそれほどのお金になる気がしないです。

捨てるのはもったいない!という思いが拭えない方はチャレンジしてみるのもいいかもしれませんね。

2、かばんとして使う

積極的に使っていく作戦です。ボロボロになったら未練なく捨てれそうです。

小さめバッグを持つ時のサブバッグ的な使い方をされてる方もいますよね。

サイズの向き不向きがあるのが難点です。

あまりに大きい、とか、すごく横に長い、とかは出番がないかも。

3、人に何かを渡す時に使う

これが一番しっくりきますね。でもこれもサイズを選びます。

野菜や果物のおすそ分けにピッタリなサイズ以外は厳しそうです。

意外と、洋服などを渡す時には大きいサイズが丁度いいかも。

そういう機会が、あまり無いといえば無いですが。

4、収納袋として使う

冷蔵庫やシンク下に野菜を置いておく時に使うと便利です。

取っ手部分は好きな高さで切って、野菜ごとに入れておくと仕切りの役目も果たしてくれます。

汚れたら惜しげもなく捨てられるところがいいです。

5、飾る

「そんな人いる⁉︎」と言われそうですが、今回お気に入りの紙袋を100均で買ったフレームに入れてみました。

娘と行った旅行でモーニングを食べたパン屋さんのものですが、見るたび美味しかった明太子のパンを思い出します。

クリエイティブな才能があったり、手先が器用な方は素敵な作品を生み出せるかもしれないですね。

まとめ

きっと全捨てでもOKな紙袋ですが、お気に入りのものは置いておくのもアリです。

その際には、厳選したものを適当数置いておくのがいいですね。

しまい込むよりは、メルカリに出したり、積極的に使っていく意識を持って、お気に入りは飾るのもオススメです。

タイトルとURLをコピーしました