部屋を片付けたい人必見!片付け本のおすすめ3選

※アフィリエイト広告を利用しています

お片付け

こんにちは! もとこです。

断捨離や整理整頓、収納などの方法を教えてくれる片付け本。いざ片付けを行う時にはとても頼りになります。

ですが、様々な本があり、どれが自分に向いてるの?と迷ってしまいますね。

そこで、今回はおすすめの3冊を紹介します。

一度は耳にしたことがある有名な本や、最近出版された本まで、片付けに役立つ一冊がきっと見つかるのではないでしょうか。

片付け本の域を超え、もはや人生の参考書『人生を変える断捨離』やました ひでこ 著

流行語大賞にもノミネートされた「断捨離」という言葉。

聞いたばかりの頃は「何のこと?」といった感じでしたが、もう広く認知されている言葉ではないでしょうか。

『モノを「断」ち、ガラクタを「捨」てれば、執着も「離」れていく』というのが「断捨離」の基本。

「断捨離」の本質は「出す」こと。「出す」美学だそうです。

不必要なモノに囲まれた私たちは「ヘドロだらけの溜池で動けないナマズ」。

モノではなく空間を大切にしましょう、ということで、不要なものを手放すことを提唱しています。

そして、手放していくのはモノだけでなく、「人間関係の不適切な感情」だとか「親から植え付けられた価値観」などいろいろです。

様々なモノを手放していくと、本当に大切なものだけが手に入るようになる…

本書を参考に「断捨離」をやり遂げたあかつきには、住まいだけではない、いろいろな快適が手に入ることでしょう。

「本気で、我が家をスッキリさせる!」とお考えの方は、ぜひ人生の片付けのバイブルとして手元に置いておくことをおすすめします。

著者のやましたひでこさんは本書で「収納は全ての不要品を手放してから」と書いておられるように、基本的に手放す作業がメインとなるため、収納方法を学びたい方には不向きかもしれません。

ですが、イラストや写真もあるのでわかりやすく、スッキリした暮らし方・生き方を目指す方にはとても役立つ一冊です。

マンガなので読みやすい!『マンガで読む人生がときめく片づけの魔法』近藤 麻理恵 著

お片付け本といえば「こんまり」こと近藤麻理恵さんの『人生がときめく片付けの魔法』も有名ですね。

「ときめくか、ときめかないか」で、「捨てるのか、置いておくのか」決める、という「こんまり」さん提唱の片付け方法。

『ときめく』というキーワードで不要品かどうかを判断、というのは「なるほどね!」とすぐピンとくる方と、そうでない方がいるのではないでしょうか。

どちらかというと、私には難しい「ときめき」チェック。感受性のセンサーがイカれつつあるのかもしれません…

そんな「人生がときめく片付けの魔法」がマンガとなって出版されています。

「こんまり」さんの片付けメソッドがマンガでわかりやすく読むことができます。

主人公の独身OL千秋の魔窟のような部屋が、片付けコンサルタントの「こんまり」さんの指導でどう変わっていくのか…

著者の近藤麻理恵さん同様、ほんわりと優しそうな本書の中の「こんまり」さん。

彼女の指示通り、自分の部屋も片付けてみよう、と思わせてくれます。

マンガなのでとても読みやすいのがおすすめポイントです。

主人公が独身OLという設定なので、主婦の方は「私の状況とは違うし…」と思われるかもしれませんが、こんまりさんの片付けメソッドを十分に学べる本になっています。

モノ別の手放し方、片付け方をマンガですんなり学んでみてはいかがでしょうか。

半分くらいなら減らせるかも…という気になる『半分、減らす』川野 泰周 著

精神科医で僧侶の著者が提唱する「今より半分、減らしてみる」という心がけ。

暮らしだけでなく、「食事」「情報」「仕事」などの量を今の半分にしてみる。

なぜ半分なのか…それは指標としてわかりやすいから。

とにかく現代人は何かにつけてやりすぎている、というのが筆者の見解です。

確かに、仕事やSNSに忙しく、食事や片付けがおろそか、という現代人は多そうです。

部屋にはモノが増え続けてあふれかえっている…
散らかった部屋が人に与える悪影響がわかりやすく説明されています。

片付け本なの?という印象もありますが、たくさん抱え込むことの危うさを知ることのできる一冊です。

片付けのやり方や整理方法なども書かれていて、モノを減らしたい人に役立つ「シンプル生活術」が書かれています。

僧侶の視点ならではの「中道」の精神・「マインドフルネス瞑想」などの紹介もあり、心もスッキリさせることができるのではないでしょうか。

まとめ

以上、おすすめ3冊を紹介しました。

断捨離の進め方、ときめきによる片付けメソッド、今ある半分減らすことを目標にするシンプル生活術。

いろいろあってどれが正解なの?と思ってしまいますが、今の自分ができそうな、今の自分にしっくりくる考え方を、少しづつでもいいので片付けに活かしていければいいですね。

タイトルとURLをコピーしました