ちょっと早めの、クローゼットの服の見直し

※アフィリエイト広告を利用しています

捨て活

こんにちは! もとこです。

お盆が終わり、少し涼しい朝があったりして「夏も終わりかなあ」とふと思ったり…

いえいえ、昼間はまだまだ相変わらずの日差し&暑さですね。

本来なら秋分の日を過ぎた頃にやるべき夏服の見直し・お手入れですが、少し早めにプチ捨て活することにしました。

スカスカのクローゼットに憧れてます

今は洋室のクローゼットに、私の服だけがかかっています。

衣替えは面倒なので、全てのシーズンの服がここに。

趣味を行う時の服も入っているので、まあまあの量があります。

「もう少し減らしたい。ギチギチに入っているのでゆとりが欲しい」と常々思っています。

ギチギチに入れてると服に変なシワがついたりしますしね。

あの服どこ?と探すのからも解放されたい。

お気に入りの服しかない、探さなくてもいい一目瞭然なクローゼットにしたいものです。

ひとまず、この夏着なかった服を捨てる

いろいろと服はあるのに、着てるのはいつも同じTシャツ…という毎日です。

試着して買ったはずなのに「ちょっと着心地がイマイチかも」となると、結局はヨレ気味のお気に入りを着てる、という有り様。

これからは1枚買ってみて着心地が良ければ、同じものを複数枚所有したいとさえ思います。

(買い過ぎは厳禁ですが)

そして、大体プチプラの服が多いので、1シーズン着倒して処分するシステムがいいのかな、と思います。

最近のファストファッションのお店では、リサイクルボックスが置かれていますので、処分するのも手軽です。

本音としては着心地のいいヨレた服を着ていたいのですが、アラ還世代があまりにヨレヨレを着ていると、見た目にも気分的にも老化が進む気が…(汗)

これ以上収納場所は増やさない、と決める

基本吊るして収納しているので、これ以上ハンガーは買い足さない、と決心しました。

数えたら今61本ありました。最終的には半分の30本にしたいですね。

引き出しに収納している方は、「これ以上は服の引き出しを増やさない、むしろ減らす」ことを目標にするといいのではないでしょうか。

なので、服は『買ったら捨てる・捨てたから買い足す』 をルールとして徹底していきたいです。

最近、お片付け本で見かける「着る服を制服化していく」「周りの人はあなたの服をそんなに見ていない」という言葉。

「ほんと、それでいいよね」と思います。

私たち世代は、若かりし頃に流行っていたファッション雑誌の『1週間着回しコーデ』や『1枚の服で3パターンの着こなし』などの記事を読んで「同じ服ばかり着ていてはいけない」「昨日と同じ服を着てはいけない」といった概念に囚われている気がします。

おしゃれが楽しい方はそれでもOKですが、そうでもないなあ〜という方はもう、そういう感覚から解放されてもいいですね。

着心地のいい、気に入った服だけを着て、クローゼットはスカスカにしていきたいものです。

お彼岸を過ぎたら再度見直し

来年も着る服は、クリーニングや洗濯で汚れを落として保管しておきます。吊るしておくだけですが(笑)

残しておいても、来年の夏に着る気がなくなってる可能性もありますが、それならその時処分すればいいですね。

今回の捨て活では10着を処分することにしました。なぜか冬服もあり…これもタイミングですね。

ハンガーは51本に減りました。

まとめ

持っておかないといけない服もありますが、基本どんどん削ぎ落としていって、クローゼットはスカスカ、を目標に決めました。

衣替えの時期に服のメンテを兼ねて、再度処分もしていきたいです。

「この夏服は、来年また着るかな?」と自問自答しながら。

保管場所がクローゼットなら「ハンガーは◯◯本まで」、引き出しなら「引き出し◯◯個分」と決めて、無尽蔵に服を増やさないようにしていきたいですね。

タイトルとURLをコピーしました